理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

毒抜きのススメ

歌舞伎者が進めるYouTuberの話。

 

私は、比較的物怖じせずに上司に文句を言える性格+媚びへつらうことが苦手なので、後輩たちをかばうことはできても、上司に嫌われる性格だと思います。

いろんな所に見られる出る杭は打たれるシステムは学校教育の賜物なんでしょうかね。

 

正論を述べると損するのってなんででしょう。上司が言ってないのに「言った」と言えば「言った」ことになるみたいなね。言った言ってない問題は、真実が勝つのではなく、権力が勝つんです。

偉い人の意見に正論で歯向かったらなぜ、頭ごなしに否定されるのでしょう。何も分からない若造と言いますが、そちらは若造を分かろうとしていないのでいい勝負では?

「いけないことはいけないといわねばならない」と頭では分かっていても言わない。いや、言えないのはなぜでしょう。

若い人の意見も積極的に取り入れますと言って、若い人の「本当の本音」を取り入れている会社ってどれくらいあるんでしょう。

管理職クラスになったとたんに、頭でっかちになって、地位に胡坐をかいて、下に圧力をかける人は果たして勤続年数が長いとしてもその地位にいるべきなんでしょうか。

 

ということを思いながら働いている社畜のみなさま、本当の会社では言えないあれやこれやをドストレートに言ってくれるYouTuberをご存知でしょうか

 

www.youtube.com

 

チャンネル名は「テイコウペンギン」で、社畜のペンギンが仕事をしない同僚のパンダと上司のモニターに振り回される動画です。ペンギンは上司やパンダに理不尽なことを言われると、ぼそっと毒を吐くのですが、その内容が普段我々が言えるものなら言いたいけれども言えないことなので、見ているとすっきりします。

特に、ブラック研究室にいた時や仕事で疲れた時に見るとすっきりします。

社畜の皆さん、ラボ畜の皆さん、一度見てみると、ペンギンがあなたの気持ちを代弁してくれてすっきりするかもしれませんよ。