理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

タピオカに対するマジレス

どうも、医療系です。

久しぶりのマジレスのテーマは、タピオカの危険性です。

最近流行りのタピオカミルクティー、インスタ映えの象徴としてあらゆるところに店ができていますね。

ところで、皆さん、タピオカは危険な食べ物ということはご存知でしょうか?
インスタ蠅が買って写真だけ撮って捨てて街を汚すという危険だけではありません。

まず、タピオカの原料であるキャッサバは有毒物質である青酸配糖体を含んでいます。
そのため、生食すると腸内細菌のβーグルコシダーゼの働きによって糖が切り離され、さらに分解酵素であるヒドロキシニトリルリアーゼ(他の物質の反応速度を変化させる物質、触媒する酵素)の作用を受けてヒドロキシニトリル(HN)、シアノヒドリン(ケトンまたはアルデヒドにシアン化物イオンが付加したもの)を生じ、徐々に加水分解され青酸(HCN:シアン化水素)を生じます。シアン化合物の致死量は体重あたり 0.5から3mg/kgです。
まぁ、要するに青酸カリ食ってるようなもんだよってことです。
では、何故タピオカミルクティーで死者が出ないのか、それは毒抜きという前処理が行われているからです。具体的には、青酸配糖体は加水分解されるため、水に溶かすという方法で無毒化あるいは加熱による無毒化が行われているためです。

青酸配糖体の話は別にいいんですけど(良くない)、今日、とあるレントゲン写真を見てマジで衝撃を受けました。
f:id:k22402:20190611124502j:plain
大腸及び直腸に異物が見られますね。
これは、中国でタピオカを摂取し過ぎて腸が詰まったという
https://www.asiaone.com/china/chinese-girl-suffers-constipation-5-days-cause-bubble-tea-pearls?amp&__twitter_impression=true
患者さんのレントゲン写真だそうです。
タピオカは食物繊維を多く含むため難消化性で、ろくに噛みもせずバカみたいに飲みまくったのでしょう。それで、詰まったタピオカによる腹痛に耐えられなくなり来院したというところでしょう。
この患者さんは、5日前にタピオカミルクティーを1杯飲んだだけと言っていますが、お医者さんの言うとおり絶対に嘘だと思いますね。
詳細は上のURLから、英語のページですけど

皆様、タピオカにはご用心。