理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

京都五社巡り -松尾大社編-

京都五社巡り第三弾、今回は松尾大社です。

城南宮ほどではないですが、土地勘がない。しかも今回は、市バス地下鉄1日乗車券のみを使用という縛りがあるため、時間がかかりました。

私としては松尾大社は酒のイメージがあります。

実際に、松尾大社の敷地内には「お酒の資料館」という施設があります。

 

f:id:k22402:20190707195018j:plain

阪急松尾大社駅を降りてすぐに鳥居が見えます

御祭神:大山咋神・市杵島姫命

御神徳:開拓、治水、土木、建築、商業、文化、寿命、交通、安産の守護神として仰がれ、特に醸造祖神として、全国の酒造家、味噌、醤油、酢等の製造及び販売業の方から格別な崇敬を受けています。

 

詳しくはコチラ

www.matsunoo.or.jp

 

コチラも、本殿はもちろん立派な庭園が見どころです。松風苑三庭と呼ばれ、拝観には別料金が必要ですが、見る価値はあります。荘厳な雰囲気に圧倒されます。

f:id:k22402:20190707195456j:plain

参道の様子

また、本殿の入り口のわきに、幸運の撫で亀と幸運の双鯉を祀る祠があります。亀は不老長寿、鯉は出世開運の御守護ということだそうです。お伊勢さんの鶏、お稲荷さんの狐、天神さんの牛というように神様の使いの動物を祀っているという感じですね。(神聖なものなので、写真は撮っていません)

 

松尾大社へのアクセス

1.おすすめ

京都駅→(地下鉄烏丸線or京都市バス)→四条(烏丸)駅→(阪急京都線梅田行き)→桂駅→(阪急嵐山線嵐山行き)→松尾大社駅→徒歩すぐ

2.阪急電車を使わない方法(今回私が使った方法)

京都駅→(地下鉄烏丸線or京都市バス)→四条(烏丸)駅→(京都市バス3系統松尾橋行き)→松尾橋→桂川を渡ってすぐ

 

いやぁ、土地勘のある地域の神社とない神社の記事のボリュームの差が激しくないか??と書いている自分でも思います。残り2社はそこそこ土地勘のある地域の神社なのでそこそこ詳しく書けるのではないでしょうか。