理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

スタンフォード監獄実験と日大タックルを思い出す会見でした

先週末は参院選はもちろん、闇営業芸人の会見で日本中に衝撃が走ったと思います。

あ、スタンフォード監獄実験については、各自ググってください。(かなりエグい話なのでこちらには掲載しません)

権力を与えられると、人はどこまでも残酷になれるっていう話なんですけど、吉本の社長がまさにそのタイプだなぁーと思いました。

これだけコンプライアンスにうるさい世の中で、芸能界ではそこそこなインフルエンサーのベテラン芸人に堂々とパワハラをするとは…

権力を使ってルール違反をさせたという点では、日大タックル事件(皆様覚えていらっしゃいますか?)を思い出します。この事件において、黒幕の上層部が逃げたことがめちゃくちゃ叩かれましたが、今回はちゃんとケジメつけてくれるんですかね?
宮迫さん達が日大のタックルをした選手のように見えてきました。

沢山の大物芸人達が心配していて、中には涙を流す人も…人を笑顔にさせる職業なのに、それでも耐えられない涙、必死に笑いに変えようとする周りの芸人さん達が痛々しくて見ていられなかったです。皆さんの前で話すことにより、このような騒動になるくらい本人達はよく分かっていたと思います。ただ、この会見を開いたことは評価されるべきです。責任転嫁はいけませんが、人の分の責任を負う必要はありません。「私は、このようなことをしてしまいました。しかし、これには〇〇という背景があって」と説明し、責任の所在を明確にすることが今後の改善に繋がると考えています。
日大タックルの二の舞にならぬよう、社長の責任ある説明を期待します。