理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

スタンフォード監獄実験と日大タックルを思い出す会見でした

先週末は参院選はもちろん、闇営業芸人の会見で日本中に衝撃が走ったと思います。

あ、スタンフォード監獄実験については、各自ググってください。(かなりエグい話なのでこちらには掲載しません)

権力を与えられると、人はどこまでも残酷になれるっていう話なんですけど、吉本の社長がまさにそのタイプだなぁーと思いました。

これだけコンプライアンスにうるさい世の中で、芸能界ではそこそこなインフルエンサーのベテラン芸人に堂々とパワハラをするとは…

権力を使ってルール違反をさせたという点では、日大タックル事件(皆様覚えていらっしゃいますか?)を思い出します。この事件において、黒幕の上層部が逃げたことがめちゃくちゃ叩かれましたが、今回はちゃんとケジメつけてくれるんですかね?
宮迫さん達が日大のタックルをした選手のように見えてきました。

沢山の大物芸人達が心配していて、中には涙を流す人も…人を笑顔にさせる職業なのに、それでも耐えられない涙、必死に笑いに変えようとする周りの芸人さん達が痛々しくて見ていられなかったです。皆さんの前で話すことにより、このような騒動になるくらい本人達はよく分かっていたと思います。ただ、この会見を開いたことは評価されるべきです。責任転嫁はいけませんが、人の分の責任を負う必要はありません。「私は、このようなことをしてしまいました。しかし、これには〇〇という背景があって」と説明し、責任の所在を明確にすることが今後の改善に繋がると考えています。
日大タックルの二の舞にならぬよう、社長の責任ある説明を期待します。