理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

【注意喚起】まつ毛美容液による健康被害が急増しているらしい

まつ毛美容液による健康被害が大量発生しているらしい。

どうも医療系です。

参考記事
https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20190812029/

国民生活センターに、まつ毛美容液を使用したことで、「目の周りが腫れた」などの危害を受けたという相談が2015年度以降381件寄せられているらしい。
f:id:k22402:20190813124955g:plain
特に2018年度に急増したという危害の相談の中には、眼科医から「角膜腫瘍」の診断を受けたという事例もあるそうです。

 これを受けて国民生活センターが調査したところ、「頭髪への使用を想定して医薬部外品として承認された育毛剤(養毛剤)」がまつ毛美容液として発売されているケースがあったとのこと(多分スカ○プDのことかな?)。
また「育毛」「発毛を促す」といった化粧品にもかかわらず、薬効があるような表示(←薬事法違反)がなされたまつ毛美容液が販売されていることが明らかになりました。
もし、まつげの育毛効果等を合法的に宣伝に使いたいなら、医薬部外品として申請する必要があります(=効果があること、安全性が担保されていることを実証する必要があります)。

しかし、現時点で医薬部外品扱いのまつ毛美容液は存在しません。

スカ○プDのまつ毛美容液は?と思うかもしれませんが、このスカ○プDの成分は頭皮に使用した場合の有効性は担保されていますが、まつ毛に対する有効性は実証されていません。
医薬部外品になるためには、まつ毛に対する有効性を実証しなければ、いくら髪に対する育毛効果があったとしても、認められることはありません。(頭皮とまぶたは違うからね)

まつ毛美容液を購入しようとしている方、使用している方はこちらのリンク先の情報を読み理解した上での使用をお願いします。
国民生活センターHP
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20190808_2.html

少しでも違和感があった場合には医療機関の受診をおすすめします。
大切な視力を失うかもしれませんからね!