理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

バレリーナがO脚改善エクササイズを紹介する

どうも、バレリーナの端くれのスレンダーブスこと中の人です。

約束通り、O脚矯正ストレッチを紹介する。
f:id:k22402:20190826211131p:plain

そもそもなんでO脚になるのか?

O脚は脚の外側に偏って筋肉がつくことによって、両足を揃えて立ったときに膝の間に隙間ができるってやつです。
生理的なO脚は幼い子供に見られますが、これは自然に治ります。問題は大人になっても膝がつかないO脚です。
整体等で一時的に緩和することもできますが、体の使い方を直さないとまた元に戻ってしまいます。
ここでは、体の使い方を矯正するという路線でエクササイズを紹介する。
楽にO脚改善したいなら、よそでお願いします。
あ、あと、私の汚い足を見たくない方も他の記事にお願いします。

イメージは尻の贅肉をお尻の穴に入れる!

f:id:k22402:20190826204803j:plain
そこまでO脚じゃないので分かりにくいかもしれませんが、下半身に力を入れない状態で立つと、脚の間に隙間ができます
まず、おへその少し下に力を入れて体を上に引き上げます。
そのあと、お尻に力を入れてお尻をなるべく小さくします。
お尻の贅肉を全力でお尻の穴に入れるイメージで!
こうすると、足そのものは動かないかもしれませんが、股関節が外転するので、普段休みがちな足の内側の筋肉が働きやすくなります。
f:id:k22402:20190826210139j:plain
膝をくっつけようと意識しなくても、お尻に力を入れると足の間の隙間が少なくなる

終わりに
お尻に力を入れるだけなので、信号待ちだったり、ただ突っ立ってるタイミングでできます。
少しでも脚の内側の筋肉を使う習慣を身に着けると、O脚改善になるだけでなく足が長く見える効果があるので、ぜひ。
「変わんねーよ!」という場合は、股関節が超絶硬いということなので、股関節のストレッチもやった方がいいかもしれない。

この記事で一番苦労したのが、エクササイズのビフォー写真の撮影です。
私は、ひざ下だけ軽くO脚なので、普通に立つと膝同士がくっつくのです。
全力で下半身を脱力させたんですけど、分かりにくくてすみません。