理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

救急病棟に来るのは本当の急患だけではない

どうも、医療系です。

週末ですね。
飲み会という方もいらっしゃったかもしれませんが、飲みすぎてませんか?

知り合いのK大病院の救急の元ナースによると、救急車で運ばれてくる人は半分以上アルコール関係だそう。
アルコール中毒だけでなく、酒に酔って暴れて怪我をしたパターンや、酔った勢いで救急車を呼んだとかいうツワモノパターンも。
あとは、アルコールは関係ないですが、風邪なのに救急車を呼んで大学病院に連れてけと喚く「かの国の人」も結構いるらしい。

医療ドラマのような急患が来ることはあまりないそうです。
しかも、上に挙げたような人は、話が、通じず、暴れたりするので、救急病棟のスタッフはうんざりしているよう。

救急車の適正利用のためにも、理性を失うレベルで飲まない、飲ませないということに気をつけましょう。