理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

強力な台風が接近しているので、コロッケを食いながら、広島豪雨で家を丸ごと流されたばあちゃんの話をする

どうも、台風が近づいているので、コロッケが売れていることでしょう。

これは、2ちゃんねるの台風スレの

念のため、コロッケを16個買ってきました。
もう3個食べてしまいました。

というのが起源です。

https://matome.naver.jp/odai/2137162930861214401

 

今回は広島豪雨で家を失ったばあちゃんの話をする。

 

少々感情的な記事になってしまいますが、許してください。

広島豪雨で被害を受けたのは広島だけではない

私のばあちゃんは島根県江津市の山奥に住んでいる。

広島とは山を挟んで反対側だ。

f:id:k22402:20190908175114j:plain

赤いピンが立っているあたりがばあちゃん家で水色で囲まれているあたりが良くニュースになっていた地域

東京から一番時間のかかる駅である江津駅から、車で1.5~2時間くらい山の方に進んだ地域で、今年廃止になった三江線が走っていたあたりです。(鉄オタにしか分からない説明ですみません)

 

なのでこの辺の様子が知りたいなら、YouTubeで三江線で検索かけてください。

川と山に挟まれて曲がりくねった道と線路があり、僅かな平地に田畑が広がるという風景が分かると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=_e0rPanNLUw

https://www.youtube.com/watch?v=p0aUVVM5KoQ

まぁ、言いたいことを分かりやすく言うと、クソ不便ということです。

そのため、メディアも来れず(そもそも、山の中で、土砂崩れが起きたら、すぐに地域が寸断されかねないような場所なので)、全国の人に知られることなく甚大な被害を出しました。

 

後悔

川と山に挟まれたこの地域は大雨が降ると、山に挟まれているせいで水が流れる場所が狭いので、よく洪水が起きていました。

そのため、もともとこのエリアの家は石垣の上に家を建てる風習がありました。

平成の初期にこの石垣をさらに高くする計画を自治体が立てたのですが、これを行うためには住人に一度立ち退きをお願いしないといけないという問題点がありました。

「まだそん時はじいちゃんがボケていなかったけん、寄合でどうするかを決めたらしい。

大抵の家は石垣を高くすることに賛成したんじゃけど、あこの家は頑なに反対しんさった。

結局全ての家が賛成しないと石垣を高くせんいっとったけん、低いままになったんよ。

ジジババ社会じゃけん、先祖から引き継いだ土地を一時的にでも離れるのは嫌じゃったんじゃろ。

よそから越してきたもんの家は石垣が高いんじゃけど、古いもんの家は自分ん家だけ高くなんてできんから。

あんとき、あこの家のもんの言い分を押し切って石垣を高くしとったら、うちは流されんかったかもしれんの。」

これは江津の仮設住宅で暮らすばあちゃんから聞いた話だ。

田畑はダメになり、家は二階部分まで浸水し、流された。

石垣の高い新しい家は田畑はダメになったが、家は浸水しなかったらしい。

 

本題からそれますが

何故、台風が来ると田畑の様子を見に行くのかという理由がネット上で話題になっていたので貼っておきます。

f:id:k22402:20190908183646j:plain

闇を感じる