理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

お持ち帰りにしたら、店内の人よりも多く本体価格を負担する可能性があるぞ

ケンタくんをお持ち帰りぃぃぃ!したほうが安いよね。だよね。
↑元ネタを知っている方は多分同世代

増税に伴い、「便乗値上げはねぇかぁ!」と目を光らせている方はたくさんいらっしゃると思います。

そして、今まで結構な頻度で外食されていた方もテイクアウトしたほうが安いということで、テイクアウトを選ぼうと思われていると思います。

しかし、店によって、持ち帰りを選択すると本体価格が上がり、店内を選択すると本体価格が下がり、結局払うお金は一緒になるという料金体系にした所があります。
マクドナルドとサイゼリアです。

また、店内は本体価格据え置きでテイクアウトは本体価格を値上げして、税込み価格は店内もテイクアウトも同じという料金体系にしているのが松屋チェーンです。

これらの対応をしたのは多分、「価格が二種類あるとお客様が混乱するからー」ってことなんでしょうけど、「便乗値上げだ!不買ダ!」ってなる細かい人に捕まらないよう、しっかりと説明していただきたい。

参考
https://www.j-cast.com/2019/08/04364239.html?p=all

抜け穴感はんぱないですが、これは法律違反にならないのです。
あ、ちなみに、正当な理由なく便乗値上げは法律違反です。
ただ、この場合の便乗値上げというのは、税込み価格を表示せず、税抜価格のみ表示して、増税したけど値段変えてません!みたいな表示をした場合ね。
堂々と税込み値段を示していて値上げだったらOKらしい。
そんなもんみんな便乗値上げするやん!


本体価格据え置きのチェーン
スターバックス コーヒー ジャパンや、モスバーガーのモスフードサービス。これらは本体価格を変えず、店内は10%に値上げ、持ち帰りは8%に据え置きと、提供形態によって税込価格が変わります。

多分、増税後に大混乱が起こるでしょうね。消費者側はもちろん、店側が間違えた料金を表示してしまったり(テイクアウト価格と店内価格を間違える等)、クレーマー大量発生ですね。
店内で食べたのにもかかわらず、「テイクアウトにしたのに余計に金を取られた、金返せ」詐欺が横行しそうです。

皆さんがよく使う外食チェーンがどちらの対応をしているか、気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。