理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

私が一人の時間を好む理由

どうも、ぼっちを愛する理系です。

って名乗ると、「友達いないの?」って心配されるけど、普通に友達はいる。

ただ単純に、誰にも邪魔されずに一人でくだらないことを考えている時間が好きなんですよ。

今日は、一人の時間が必要な人とその理由を考察してみた。
結論から言うと、「一人が好きな人は、脳を整理する時間が欲しいだけ」だと理系は思っている。


f:id:k22402:20191101235728p:plain
f:id:k22402:20191101235752p:plain
f:id:k22402:20191101235819p:plain
ddnavi.com

人と一緒にいると色々考えてしまい、しんどくなるので、できるだけそれを避けたいor一人の時間に思考を整理してスッキリしたいというわけだ。

なのに、一人でいると、周りのおせっかいな人がどっかのグループに無理やり所属させようとしてくる。

一人でいるのって、そんなに悪いこと?

上の漫画が言っているように、一人でいるのが好きと人が嫌いはイコールじゃないんだぞ!

他人と比べてしまい苦しくなる人

f:id:k22402:20191101235524p:plain
f:id:k22402:20191101235601p:plain
ddnavi.com

自分がやっていることを良い・悪いとジャッジすることは、我々が日常的にしていることである。

これが自分の中だけで完結するジャッジのみなら楽なのだが、他人と自分を比較してジャッジすることもある。
ただ、その審査結果は、本当にフェアだろうか?

他人と自分を比べてしんどくなるのは自分の審査員がアンフェアなだけではないかと思う。

例えば、「駄目だと言ってきたけど、お前やってんじゃん」というタイプの人(自分がするのはいいけど他人がするのは許せないタイプの人)は、己のジャッジは緩く、他人のジャッジが厳しい。

逆に、「あの人よりもできてないから自分は駄目だ」と思う人は、己のジャッジが厳しく、他人のジャッジが緩い。

自分へのジャッジだけが厳しい人は、誰かと一緒だと人と比べて苦しくなる(どこまでも自分を卑下する思考をし続けて頭がパンクする)ので、1人の時間(頭を休ませる時間)を求める。

他人へのジャッジだけが厳しい人は、「あいつは悪いやつだ!以上」で思考が止まるのでそこまでしんどくはない。

謙遜することは美徳だが、卑下することは美徳か?

自分へのジャッジだけが厳しい方へ、「謙遜」と「卑下」の違いをご存知か?
f:id:k22402:20191102001142p:plain
f:id:k22402:20191102001328p:plain
ueno.link

このイラストから分かるように、「へりくだればいいってもんじゃない!」のである。

過剰なへりくだりは、無意識の間にせっかく持ち上げようとしている褒めてくれた人の考えを否定してしまっている。

自分が「謙遜」のつもりで「卑下」をしていたことに気づいたのであれば、褒められた時はまず「ありがとうございます」と返すように気を付けよう。

思考スピードは速いが、空気が読めない人(←私)

私は、1つの事を言われたときに、次の行動を一瞬のうちに数パターン、そしてそのそれぞれの行動がもたらす最後の結果に至る部分まで予想する。

この予想が一つでも当たれば、すごく楽なのだが、全くの見当違いだった場合がしんどい。

私の場合は、反射的にド正論で考えるので、相手の発言や行動の裏に予期せぬ感情・エゴがあった場合、一度結論まで出した思考をリセットして、白紙に戻す必要がある。

しかし、私は完全にリセットするまでに時間がかかる。

「こういう事情があるにしても、」という思考がほぼ自動的に始まってしまうからだ。

この思考と、相手の意見を受け入れた上での思考が同時進行するので、脳内の一人の私は「〇〇さんに同意したら、この場が丸く収まる(相手の感情+権力を受け入れた思想)」と言うが、もう一人の私は「長期的に見ると〇〇さんの案は問題があるから、反対すべきだ(ド正論)」と言っている状態で、それぞれの私が、その結論を言うための過程を同時に私に提案してきているみたいになる。

当然ですが、こんな状態では私の頭がパンクする。

自分の頭をパンクさせたくないので、そのような状況を避けたいと思ってしまう。

だから、ド正論を言ってはならない場(女性の恋愛相談とお世辞)は苦手です。

めちゃくちゃ気をつけないと本当の答えを言ってしまうので。

終わりに

おひとり様ブームにより、一人で何かをする人が増えていますが、それでも世間の多くの人は、一人でいたがっている人にはみ出し者のレッテルを貼りたがり。自らのエゴで集団に入ることを強要されがちです。

この世間の風潮が悪だとは言いません。

組織に所属する身としては、協調性が欠かせないことも理解しています。

でも、こういう考えで一人でいることを好む人がいるんだよということが伝えたかっただけ。