理系だもの

日常起こったことについて、誰もが何かしら自分の意見を持つと思います(そのことが自分にとって良い・悪い等)。しかし、働いていると、同じ目標を目指すため、周りに合わせねばならないという風潮に従わざるを得ないです(これが団体行動の良い点でもあり悪い点でもあります)。せめてブログでは、自分の思ったことをのびのびと書きたいと思い、始めました。文章を書く訓練もかねて、分かりやすい記事を書くよう努力します。テーマは主に最近話題のもの・ことに対する解説+意見。たまに中の人の旅行記事、衝動に任せて書いた物申す記事を書きます

「友達が少ない」は悪か?

どうも、理系です。

 

以前の記事で述べているように、私は一人が好きだ。

www.rikeidamono.com

 

他の人よりもいろいろ考えてしまうから、疲れるんです。

特に、本音を出しちゃいけない場とかはね。

仕事なら割り切れるのですが。。。

 

うん、なんて言ったらいいんだろうか、会うこと自体は苦痛じゃないんだ。

 

会話も苦痛じゃないんだ。

 

無条件で同意しないと干される環境が苦手なんだ。

 

気を使い倒し続けないといけないから。

 

でも、周りは、「協調性がないのが欠点」と言ってくる。

 

友達が多ければ多いほど良い、周りに合わせられない人や、友達が少ない人は変わった人。

 

「コミュ障」という言葉はその考え方をモロに反映していると思う。コミュニケーション「障害」ですからね。

 

でも、ちょっと待って、「友達100人」なんて、その中に本当に助けてくれる友達って果たして何人いるのかな??

 

「一人ぼっち=良くない」、「みんな一緒=いい」そういう風潮って、一見平和だけど、出る杭を打つ風潮を育てるから、弊害がデカいと思うんですよね。

 

「みんな一緒」をかなえるためには、みんなの意見を同じにしなければならない。

だから、自分の意見を主張すると、わがままな人というレッテルを張られる。

 

だから、「一人ぼっち=よくない」と心のどこかに刷り込まれているみんなは、自分の意見を押し殺して、他人の意見に賛同する。

 

もはや脅迫観念みたいですね。

 

「スクールカースト高い勢の意見に賛同しないとシカトされる」って怖がってるのは、まさにこれ。

 

何故なら、対立するリスクならびに、対立したことにより消費するエネルギーを考えると、とてもしんどいからです。

 

この強迫観念にとらわれて、本当の友達ではないけれど、意見が同じだから(本当は無理して合わせている)とか一緒にいるから(一人が怖いから一緒にいるだけ)友達と思っている(自分に思い込ませている)だけかもしれない。



SNSなんてもっとそう。フォロワーがステータスみたいになってるけど、何千人のフォロワーのうち、やり取りしてるのはほんの一握りじゃない?


友達はブランド品とは違う。

マウントの道具じゃない。

持っていればいるほど偉いとかはない。

画像

画像

画像

画像

 

 おそらく、「1対大勢」の孤独を味わった人や、一人が好きな人くらいにしかわかってもらえないと思うのですが、人が嫌いなわけではない。

 

弱ったときに助けてくれる友達はいる。

 

ただ、意見を言って離れていくような人、明らかに建前でしか付き合えない友達は友達だと思っていない。

 

こう思うのも、単純に嫌われるのを過度に恐れているせいなんだろうなー

 

嫌われるのは怖いけれど、人といると疲れるという矛盾。

関連画像

https://withnews.jp/article/f0181007000qq000000000000000W06810101qq000018096A

 

周りがカリカリしていると、「ひょっとしたら、私のタイピング音でイライラしているのかな?」とか、「自分が○○と言ったから怒っているのかもしれない」と最悪のパターンの想像をしてしまい、疲れる。

 

そして、「こうしたらよかったかも」と脳内大反省会が開催されて、さらに疲れる。

 

それなら、距離を置いた方が楽だと思い、一人の時間を求めちゃうんだろうなと思いました。


多分、この記事を読んで、「この人病んでる」って思った人は幸せ者だと思います。

孤立を知らないってことだから。


私は、人嫌いではないし、友達はいる。

ただ、人と関わると色々考えて頭がパンクしやすいから、あえて一人の時間を作ってる。

誤解なきよう。


緊急事態の時に助けてくれるのが本当の友達だと思った話がある。

大学の研究室で私が腹の激痛で立ちくらみになって倒れた時に、ずっと看病してくれた友人がいます。

普通の人は、私の意識が戻った時点で、ひとまず安心と離れて行きましたが、その人は、顔面蒼白だった私の顔色が戻るまでずっと看病をしてくれました。

野次馬を追っ払ったり、飲み物を持ってきてくれたり、普段はほぼ下ネタしか言わない奴なのに…

なんやねん、惚れてまうやろー!

ってなりましたねw

いや、だって、いくらマブダチレベルで親しいとはいえ、異性の看病を公衆の面前でするのは勇気いるでしょ。

(その後数日間は、案の定、勝手に付き合ってるという扱いを周りから受けましたw)