理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

矛盾を嫌う僕という矛盾-新入社員のみんなへ-

どうも、理系です。

 

ツイッターを見たところ、AXISSが仲良く踊ってみたを上げていた。

お互いに撮影しあったのかな??仲いいなーと思いながら

ネスくんの踊ってみたを見た。

 

これの曲の歌詞がすごく共感できて、なんだろうか、「矛盾」に疑問を持つ「矛盾」した自分の苦悩的なのを表してる気がするんだよね。

 

新入社員の皆様、社会は貴方が思っているほど美しくないです。絶望しないで。 

 

以下歌詞(青字は俺の解釈)

 

お金とか、ビジネスとか、効率とか、
そういうことをこれから考えなくちゃいけないんだ。

→世の中お金よりも大事なものがある。そう教えてきたのはどこの誰?でも、放り出されてお金がなきゃ生きていけないと気づく。

ビジネスは上っ面だ。会社は教科書通りよりも「空気を読め、これが伝統」なのに「新しい風を歓迎します」なぁんて、舌が何枚あるのかしら。

ネット副業だって、職に貴賤はないとか言っている奴が「会社勤めはオワコン」なんてほざいてることもある。一貫性のかけらもない。

こんな見下した文を書いている自分は上司の言いなりという「矛盾」。

効率化、これは大事だけど、出る杭は打たれる。効率化を求めすぎると「機械みたい」とか思われて、人が周りからいなくなる。

でも、考えなきゃいけない。あなたもこの海に飛び込むのだから


そうでしょう?だって学校なんかじゃ責任感とか、団体行動だとか、
ありもしない、意味もない将来のためとか言って教えてくるじゃん?

→列を乱さないのは誰のため?みんなのため。クラスのため。じゃあ、自分のために学校で何したっけ??って考えると案外浮かんでこない。

苦労して国立大学の薬学部に入り、大学院まで行ったのに純粋に自分のために何を学んだか聞かれたら、難しい。

だからみんな就活本のコピペみたいな回答するんでしょ。

こういう教育の影響で団体のための選択ができても、自分のための選択ができなくなっている気がする。

教師がコントロールしやすい人間に育てたいのか?そんな人間、教師がいなくなったら挫折する。会社はそんな面倒見良くない。いらなきゃポイだもの。


「あるべき人間の姿へ」 「正しい人間の姿へ」
そう思えばなんだか人間全てが汚く思えてくるな。

→「世間が求める人間の姿」と「道徳的な立場から考えた正しい人間の姿」は重ならず、結局各集団が各集団のローカルルールを押し付けあって生きている。でも、その集団内では疑問に思う人が出てこない。否、疑問に思ってもそれは押しつぶされる。

じゃあ、何のための道徳?正義を捻じ曲げて解釈してることを指摘しちゃいけないのは何故?

あるべき姿≠正しい姿という矛盾。そして、正しい姿で生きるべきだと思っていて、かつ、この矛盾に気づいているのに指摘できない私という矛盾。


仮想世界とか、妄想だとか、そういうものこそ美しくなる。
ああなんだこの感情は、人間らしくない私だ。

→仮想世界なら、その矛盾がなくなるので、矛盾した醜さが解消される。でも、この矛盾への言い表したくない感情って何だろう。「周りに求められる人間」らしくない私だ。周りの人は「周りに求められる人間」にすんなりなっていくのに自分はなっていない。まるで、自分が人間じゃないようだ。


「寂しい」とか、「愛しい」とか、
そんな言葉では表せない。


不可解な未観測情景。
名前のない花のような、
悠に咲き乱れるこの号哭が、
やりたいことすらできなくて、
身動きすら取れない、寂れた心臓に咲いた。
不安定な、未完成宣言。
言葉じゃ表せない。
現実や、社会に刃向うための、
未覚醒の、不完全な魔法。


「人間の正しさってやつを今勉強してるわけですが、セオリー通りに生きて、
教えられた通りにやることが、そりゃ正しいと思うよ。
でもさ、きっとそれだけじゃないでしょう?」
何かを間違いだって思うから、誰かに間違いだって言われた。

→思考停止して何かを受け入れるのは簡単である。でも、それって、「正しいから正しい」という圧力だよね。道徳観よりもその場の空気や伝統を守ることが正しい人間の在り方なの?何でもそう。ここが一番俺的に共感できた。

この思想を持っているからこそ、世間一般の情報をぶった切るこんなブログ書いてる。


それじゃあこの気持ちはなんだ? 愛情とはまたほど遠い。
激動とも言い難い、どうにも表せない歪な感情。
これこそ美しいのではないか? この美しさは間違いか?
ならこんな世界いらない。 私の信じるものを信じたい。

→自分の中に正しさの軸がある人が、それを抑圧して生きるのは限界が来る。まじめ・理想論・完璧主義者。誉め言葉のはずなのに鋭い刃となって僕の心に刺さり、僕を追放しようとするのは何で?僕は僕の正しさの軸を守りたい。


「死にたい」とか、「生きたい」とか、
そんな痛みでは嫌われる。

→求められる人間じゃないと追放されても、「死にたい」と言えば批判され、ますます嫌われる。どうやら、集団はその集団の平穏が損なわれる衝撃的な言動を嫌うようだ。

 


でも不可解な未完の声明、
それだけが頼りだろう。
ずっと未知なる現実に無力で、
生きることも難しくって、
身動きすら取れない、寂れた肺ががなった。
不可測な異端の証明。
画面に花が咲いて、
現実に社会に反抗する、
不完全な、不安定な魔法。


このまま、清く正しく、
誠実な大人になることが、
それだって正解の一つだ。
でもそれで満足できないのは皆わかってるはずなんだ。
だってそうでしょう?
満足してたらこんなところで歌なんて歌わない。
こんなに苦しくならない。

→誰かにとって誠実な大人になるのは、その誰かを満足させることができたとしても自分を満足させることができない。求められているとはいえ誰かを満足させるために自分の心をゆがめているから。ひずみで心が苦しんでいる。


こんなところで踊らない。
こんな気持ちで叫んでない。
こんなに美しくはなれない。
こんなに楽しくなってない。
踏み潰された涙が固まってできた、
この不可解な感情に名前はない。

→序盤で書きすぎた。本当に世の中の矛盾に気づいた矛盾している自分への感情って何だろうね。

マウントの取り合いにあきれて物申す上から目線の俺という矛盾。

 


不可解の未観測情景。
名前のない花のような。
悠に咲き乱れるこの号哭が、
やりたいことすらできなくって、
身動きすら取れない、寂れた心臓に咲いた。
不安定な未完成情景。
言葉じゃ表せない、
現実や社会に抗うための、
不可解で不完全な魔法。


お金とか、ビジネスとか、効率とか、
そういうことじゃないでしょう?
愛情とか、友情とかそういう何かじゃ計り知れない
心が打ちひしがれたあの不確かな情景を綺麗だと思うのは
きっとそれこそが人間の証だ。

 →本当にそう。新入社員のみんな、これが、女性で最もまれで、最も新入社員に向かないINTJの性格の持ち主である僕の解釈です。

すんなり思考停止は楽かもしれない。素直で従順な人って思われるから。

 でも僕は自動的に思考が始まるから苦しいんだろうね。

でも、ロボット感はないんじゃない?

 

 

あ、重かった??

 

でもね、正直、思考停止しない性格で損したこともあれば、こういう思考がいい方向に働くこともある。少なくとも、ブログやツイッターではいい方向に働いていると思っている。

 

じゃなきゃ今頃病んでる。

 

お口直しに、ネスくんの相方のダンスでも観ていって。

 

あ、ムーブの感想一切言ってないや。