理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

理系が嘘つきの世界を聴いてみた -何故、デマの拡散はなくならないのか-

はい、理系がボカロ聴いてみた第四弾。

嘘つきの世界

テーマは「嘘」です。

 

歌詞(今回のテーマに通じる部分を赤字にさせていただきました)

昔聞いた話 眠りにつく少女を 喜ばせた歌は あれもこれも 嘘だったんだ

汚いことは隠し 綺麗事を並べて そんな夜みたいな 言葉ばかり広まってって

君と僕はね 似た者同士なのに 分かり合えないのは なんで? なんで?

僕たちが作った嘘つきの世界で 君は作り笑いして

本当のことも知らずに僕は つまんない冗談で君を 傷つけてくよ

悪魔は嘘つきで 天使は正直者 人は嘘も本当も言うよ 一番面倒なんだ

知らなくていいことを知りすぎて 知らなきゃ良かったよ 

なんて なんて 傷つけ傷つかないようにと 

僕たちは嘘をついて隠し そうしてく度また傷ついて 

なんて人は脆く間抜けなんでしょう

君の目に映る 僕は誰なの…?

君は誰にも優しくするから 辛くたって笑ってみせるけど 隠したって分かるよ 

裏では 君は 泣いて 泣いて 泣いて その涙の理由を話してよ 

僕の前では強がらないでよ

嘘つきだらけのこの世界で 僕は君を信じ

そして つまんないこんな世界 壊したいんだ 

 

新型コロナウイルス感染において、京大病院の研修医57名があたかも一堂に会してドンチャンしたというような報道がされていますが、本当は

本院では、本年3月に各地の大学を卒業したばかりで4月から本院で
勤務をはじめる新研修医に、4 月1日までの2週間の間に一回でも2人
以上(家族での食事を含む)で飲酒を伴う外食をしたことがあるか等に
ついて自己申告を求め、該当する場合には外食等の事実があった日から
14日間を自宅待機とすることで、感染リスクを徹底的にゼロに近づけ
る措置を行いました。この自己申告をした新研修医が57名に上ったと
いうのが報道されている事実です。本院としては、就職予定の新研修医
等に旅行や外食等の自粛を予め連絡しておりましたが、必ずしも全員が
正確にその内容を十分理解できていたとは限らないなかで、研修医たち
は極めて真摯に自己申告してくれたものと認識しています。
未来の医療を担う若者です。温かく見守っていただければ幸甚です。
なお、これらの研修医等の中に、新型コロナウイルス感染症を発症し
ている者は1名もおりません。
本院では、患者さんと医療スタッフを含む本院職員の安全を確保し、
高度な医療を継続的に提供し続けられるようにするために、家族での外
食の自粛を含む、厳しい基準での感染予防策を職員に求めております。
引き続き職員の感染予防に関する意識を高め、徹底した感染管理を行っ
て、安心・安全な医療の提供を継続に尽力して参ります。」

とのこと。

https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/info/pdf/2020040801.pdf 

つまり、偏向解釈と尾ひれがつきまくった報道だったってこと。

 何だこれ、エリートに嫉妬しとんのか??

 

この手の非常時の嘘って何でこんなに広がってしまうんでしょうね。

 

「自分は他の人が知らないことを知っているという優越感」を感じたくて、噂を作って流すというのもあると思います。

ただ、これは非常時に限らない。

 

生命や財産に関して強く不安を感じていると、自分だけで抱え込むより、誰かに話したいと感じる。

そんなときに、同じように不安を感じている相手を見つけられると、それだけで少し気持ちが楽になる。

このような人とのつながりを強化したいという欲求がうわさの引き金となることもある。

 

  1. 情報欲求の高まり。人々は、危機の中で、危険を避け、そして役に立つ情報をほしがる。しかし、情報欲求の高まりが、正確な情報の収集にとどまらないで、不正確な情報も収集してしまうという結果を招く。
  2. 伝達欲求の高まり。人は自分が知った新しい情報を人に伝えたいと思う。善意ではあるが、その欲求が流言を広める。
  3. 不安感情の正当化。危機の中で、人々は不安がっている。この自分の「不安」を、不安がっていても良いのだと言い聞かせたい。そこで、自分が不安がっても当然だと思えるような、不安になる話(流言)を広めてしまう。
  4. 興奮状態によるチェック不足。災害発生時、人々は普段よりも冷静さを失い、一緒の興奮状態になる。普段なら、疑ったり、真偽をチェックできたりするのに、その心の余裕がないまま、聞いた話をすぐに人に伝えてしまうために、流言が広まる。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/senshoshi1960/49/7/49_7_467/_pdf/-char/ja

 

過去の研究で、噂の広がりは「重要さ」と「あいまいさ」の積に比例するということが明らかにされている。

また、「あいまいさ」は噂の伝播促進作用があることも明らかにされている。

 

確かに、「なんかようわからんけど、○○が品薄になるらしいで、知らんけど」みたいな文言をしばしば耳にする気がするぞ。(俺が関西人だからか??)

 

つまり、デマは、不安な中で人とつながりたいという欲求が生むもので、防ぐことは困難。

あとは、ぱっと見重要そうだけど、肝心なところを言いきっていない情報にはご用心と言うことか。