理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

理系が自傷無色を聴いてみた -新型コロナの裏で広がる精神疾患-

今回は自傷無色を聴いてみた。

聴いたらわかるね。

希死念慮を表した歌詞なので、うつ病がテーマですよ。

でも、うつ病の記事は以前書いたので、似た精神疾患である不安障害についてうつ病と比較しつつ書いていこうかなと思う。
www.rikeidamono.com


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、コロナ鬱とか言われていますけど、私は、この病気の患者が激増していると思う。

その疾患は病気不安症である。

これは、悪化するとうつ病になるので、注意が必要だ!


新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、自分は、コロナかもしれないと不安に思う人が激増していると思う。

もし、コロナに対する過剰な恐怖心から、医師がコロナ出ないと診断を下しても、それを信じられないというレベルであれば、あなたが行くべきは内科ではなく、心療内科かもしれないという話。

病気不安症は精神疾患の一つで以下のような特徴をもつ

・身体症状に対する誤った解釈のため、自分が重篤な病気にかかる恐怖あるいは、病気にかかっているという信念に囚われている。
・その思い込みは、適切な医学的診断や保証に関わらず持続する。
・その思い込みにより、臨床的に著しい苦痛がある。社会的あるいは職業的に支障をきたしている。
・思い込みは妄想のような頑固なものではなく、外見についての心配に限定されない。
・障害の持続期間が6ヶ月以上である。
・他の身体表現性障害ではうまく説明ができない。

超簡潔に言うと、本当は病気じゃないのに病気だと思い込んでしまうってこと。

逆に、本当は病気なのに、病気への恐怖心から医者へ行くのを頑なに拒むパターンの症状もある。

病気不安症になりやすい人
・几帳面で羞恥心が強い
・自己内省型・執着心・完璧主義傾向
・より良く生きようとする欲望が強い。
・自分の心身の変調や人にどう思われているかについて過敏に反応する。


病気不安症を始めとする不安障害では、危機回避に関わる基底核という脳部位において、活動の上昇がみられる。
これは、前頭葉の異常により、普段は前頭葉から抑制の指令を受けていたのがなくなってしまうことによると考えられている。
また、脳内の特定部位の代謝の変化、脳部位の縮小などが見られることは言うまでもない。


で、うつ病と何が違うのかという部分が気になると思う。
うつ病は枯渇したセロトニンを補給することで治療するが、不安障害は、セロトニンを補給するとさらに症状が悪化する。
つまり、ぱっと見では似ていても、治療方針が全く違う。
また、関係するセロトニン受容体(センサーみたいなもの)の種類も違うし、関与する脳の部位も違う。


不安障害では、ストレスによって活性が上がる青斑核(注意力・覚醒を司る部位)からのストレスホルモンの放出と、行動の抑制を司る背側縫線核という脳部位からのセロトニン放出が同時に起こることで、不安症状が出る。


うつ病は、正中縫線核がストレスに対してセロトニンをずっと出し続けた結果、セロトニンのセンサーが鈍感になり、セロトニンが枯渇すると反応しなくなってしまう。この脳部位に存在する種類のセロトニンセンサーは、活性化すると幸せになるため、反応しなくなると、抑うつ症状が出る。


共通する組織学的な症状もある。それは、大脳皮質・扁桃体・海馬の縮小である。

過去記事で、幼少期のストレスで前頭葉が委縮する話をしたのですが、大人になってから病気不安症を発症する人は、幼少期の家庭環境があまりよくない場合が多いらしい。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjppp1983/10/2/10_91/_pdf/-char/ja
www.mhlw.go.jp


脳って結構脆いんだね。

ひょっとすると、検査厨と呼ばれる人たちの中には病気恐怖症になっている人いるんじゃないかなと思っている。

特に、それまで関係ない所の不調を訴えていたのに、新型コロナの報道を見て、急に肺炎様症状を訴えてきたり、味覚障害のニュースが流れたとたんに、それまで一言も言っていなかった味覚障害の症状を訴えるなど、訴える症状が二転三転する場合は要注意。

まぁ、今の状況では、本当にコロナパターンもあるとは思う。

ただ、コロナ以外の診断を下されてヒステリーを起こすようなら、メンタルへ。

そして、この不安障害は、不安を人と共有することにより緩和します。(動物実験レベルでも、social interactionは抗不安効果があることが示されている)

ラインやスカイプなど、顔を突き合わせなくても繋がれる手段はたくさんあります。

「不安な中、誰かに受け入れて欲しい」という感情をぶつける相手を大切にして。

疑心暗鬼じゃなくて、優しくなろうぜ。

コロナにならなくても鬱になったら元も子もないぜ。