理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

理系がトリノコシティを聴いてみた -なじめなくて誤解される子供たち、理解のない社会-

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、悩みの絶えない皆様、どうも理系です。

 

今回の理系がボカロを聴いてみたのテーマは、「小児の片頭痛と社会性」です。

歌詞

0と1が交差する地点 間違いだらけの コミュニケーション

アナタの名前は 何ですか? 10文字以内で 答エヨ

過去と未来が 交差する地点

行く宛を失った 現在地 アナタはどうして 生きているの? 100文字以内で 答エヨ

過去最高速の 夜が明ける バランス取ることも できないまま

自分だけどこか 取り残された 音の無い世界 造られた世界

傷んだ果実を 捨てるだけなら 2人もいらない 1人で出来るから

昼と夜が 交差する地点

誰かに会いたくて 会えなくて ワタシの名前は 何ですか? 10文字以内で 教えて

嘘と本当が 交差する地点 呼吸が止まりそうな 閉塞感  

ワタシはどうして 生きているの? 100文字以内で 教えて

好き 嫌い 好き 嫌い の繰り返しで 疲れきった愛は もういらない

時間だけいつも 通り過ぎていく 1秒ごとに 崩れていく世界

 歪んだ景色に 塗りつぶされた 真実(こたえ)はいらない 偽りでいいの

自分だけどこか 取り残された 色のない世界 夢に見た世界

傷んだ果実を 捨てることすら 1人じゃ出来ない 傍にいてほしくて

 

この曲は、複数の時間が共存するネットにのめりこんで、気が付いたら孤独にさいなまれてしまうネット中毒者の孤独をテーマにした曲であると言われている。

 

俺が個人的に気になっているのが、陽キャと陰キャの脳の違いなのですが、これは別に精神疾患ではないので、おそらく、脳神経科学的知見はほとんどないと思う。

 

なぜ、一人で思考にふけることを批判され、大勢で馬鹿やっているのは歓迎されるのか。それは、もともと、脳科学的に孤独を脅威ととらえるのか、孤独な対象に嫌悪感を覚えるようにできているのか。

 

どこかに有益な知見があれば、コメントで教えて欲しい。

 

今回のテーマは、トリノコシティのテーマである「孤独・孤立」にちなんで、特徴的な社会的行動が見られることから、発達障害と誤解されやすい小児の片頭痛について述べていく。

 

小児の片頭痛というのはあまり耳にしないと思う。

それもそのはずで、小児は脳が発展途上のため、大人と同様の頭痛の反応が起きにくく、同じ反応が腸などの消化器系で起きる。

そのため、小児では、頭痛よりもむしろ下痢や腹痛が出やすい。

 

後は、小児は自分の症状を正確に伝えるのが難しいというのもあるのですが、以下に述べたような行動的特徴から、しばしば発達障害と誤解されることが多い。

・少し落ち着きがなく多動気味

・聞き分けが良くない

・やたらと寝相が悪い

・夜驚症

・歯ぎしりをする

学校では

・落ち着きがなく、注意散漫気味

・集団行動が苦手

・協調性に欠ける

 

小児の片頭痛では刺激に対して、脳が活性しやすい状態になっているため、本当は頭脳明晰でひらめきのある子なのです。

でも、集団に入れると、ノイズとなる刺激が多すぎて、うまくいかない。

 

この社会的行動特性から、自閉症を疑われて、治療を受けるが、うまくいかない。

下痢をするので整腸剤を飲ませるが治らない。

 

大人の片頭痛は数日続くこともあるが、小児の症状は1~2時間で治るため、しばしば仮病と誤解される。

 

仮に、片頭痛と診断されても、処方される薬が抗てんかん薬だったり、抗うつ薬なので、世間から精神疾患患者として見られる。(神経細胞の過剰活性を防ぐために抗てんかん薬や抗うつ薬を少量飲むのだが、世間はその事情を知らないため。発作予防のために飲んでいる薬のせいで、保険に入れなかったりという事例がある。)

 

ケアの方法や注意すべきこと

・低血糖で症状が出やすいため、朝食を必ず食べさせる

・一日のリズムを常に一定にする

・熱性けいれんが起きやすいので、熱が出たときは注意(高熱が刺激となり、脳の神経細胞が興奮し、過剰活性して痙攣が起きやすい。)

・症状回避のため、甘いものを欲しがる→積もり積もって肥満や生活習慣病になりやすい。

 

片頭痛が悪化すると-脳過敏症候群-

片頭痛は脳血管の急激な拡張がきっかけとなり、三叉神経という神経が興奮し、後頭葉が過剰活性化することにより痛みとなるのだが、この過剰活性化が積み重なると、後頭葉以外の部位でも過剰活性化が起こるようになる。

 

これにより、少しの刺激でも大きな刺激としてとらえてしまう。

しかし、これは脳の異常のため、感覚器官を調べても異常が見られない。

 

聴覚過敏・耳鳴り・認知症様症状などの症状がみられる。

ただし認知症様症状に対して認知症治療薬を用いると、神経細胞の活性化をさらに増強してしまうため、かえって症状が重くなる。

 

認知症との見分け方としては脳波測定があり、認知症では神経細胞の活動が落ちているので、スパイクが小さいが、脳過敏症候群患者では神経細胞が過剰活性化するので、スパイクの数が多くなり、スパイクの振れ幅も大きくなる。

 

あとは、二親等以内に片頭痛持ちがいるかどうかも、一応は見分けるポイントになっているが、脳波の方がはるかに正確。

 

悪化を防ぐ方法

強い光は、片頭痛の症状に関与する後頭葉を刺激し、興奮させるため、強い光を見ないようにする。

具体的には、帽子やサングラスの着用が挙げられるが、今の日本社会の風潮では偏見が強く、困難なことが多い。

しかし、強い光が目に入ることを防がなければ、刺激が積もり積もって、てんかんのように意識消失してしまう。

 

まとめ

「たかが片頭痛」と言う風潮、「他人と違うことをする人へ白い眼を向ける」風潮が片頭痛の人の症状を悪化させているかもしれない。

 

また、小児においては、誤った診断や周囲の理解のなさにより、窮屈な思いをしている天才の卵がいるかもしれない。

 

教職カリキュラムにおいてはこのへんの小児疾患についてもぜひとも取り上げていただきたいなと思い、まずは小児の片頭痛の知名度を上げるべく書かせていただきました。

 

慢性頭痛への無理解が引き起こす種々の悲嘆と脳過敏症候群

Cephalic Hypersensitivity Syndrome and Varieties of Grief Resulting from a Lack of Sympathy Towards Chronic Headache

http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/20170706003