理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

笑顔になることを自粛する必要はないだろ?

はい、限界オタク記事でございます。

 

RABっていうダンスグループの新メンバーオンリーイベント(無観客イベント)を試聴してきた。

 

今回のイベントは、RAB新メンバー初イベントでかつ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて配信イベントになり、正直、メンバーにとっては、消化不良な点が沢山あったと思うし、想定外の準備のタスク増があったと思う。

 それはパフォーマーだけではなく、裏方さんもそう。この人たちが拒否したらこのイベントなくなってたからね。

 

舞台はパフォーマーだけでは作れないことは本当に私知っているから、始まる前に泣きそうになった。

 

でもね、パフォーマーはお客さんを笑顔にさせるために悔しい思いをしながらも頑張っているんだから、自分もニコニコして応援するのが、パフォーマーへの最大の敬意ってやつかなと思って上のツイートして、配信のサイトに行った。

 

ちなみに終わった後のネス君のツイート、企画の罰ゲームでクサいセリフになっているけど嘘ではないなと思った。

 

 

以下、ダンス部分のみのレポ(?)です。こんなに長くするつもりはなかった。

削ったんだけど、これが限界だった。

 

OP

Megalovania

この曲はゲームのインスト曲で、動画では、皆さんきりっとした表情で踊られているのですが、ライブでは、ネスさんとゾマさんは楽しそうな笑顔、とぅーしさんはそれに食らいつく必死な表情で踊ってました。

こういう表情の違いだったり、体の使い方の違いによる振りの重さ(力強いのか軽やかなのか、弾力があるのか、柔らかいのか、突き刺さるのか)の違いを見ていると個性が感じられて良き。

 

デスパレードOP

旧メンバーリスペクトで旧メンバーが過去に踊ったこの曲に新メンバーが新たに振り付けて踊る。 

これ、多分現場だったら俺、体が勝手に動く現象が起きてたと思う。

 

何だろう、じっくり見せてくれる系の振り付けと一緒に動きたくなるような振付が混ざっているのは、振付師の違いによるものなのかな?

 

MCを挟んで

ポケットモンスターOP 1・2・3!

 これはゾマさん振付曲。一緒に踊りたくなるし、メンバー全員の笑顔がまぶしい。

この一緒に踊りたくなるってのが、私がバレエダンサーだからってのもあるかもしれないけれど、踊る目的で来ていない人をさらに画面越しの人を踊りたいと思わせるんだからえげつないよね。

 

ハイキューOP

 とぅーしさん振付曲。フットワークの見せ場が多い振り付けで、あきばっかーのの時のとぅーしさんを思い出した。

 

Ending

俺ツインテールになりますOP

旧メンリスペクトな振付。

 次世代を担うもの感と、「俺たちが引き継ぎます」っていう決意が伝わってきた。

 

からの

 

ありふれたせかいせいふく

これも旧メンリスペクトの振り付け曲。でも、ネスさんの要素もしっかり入ってて、ギャグ系の要素もあり、カッコイイ要素もあり。

 

HEAVEN'S RAVE

原点回帰ですね。新メンバーが活動開始にあたって、旧メンバーに追いつくために、フォロワー3万人企画をして、達成した結果上がった動画。

 

当時の私は、「AXISSおるやん!!」となって、新メンはネスさんととぅーしさんのことばかり目で追ってました。(ゾマさんごめん) 

※今はゾマさんのことも大好きだよ。

 

この曲の振りの各自の自己紹介技のリレーが好きなんだよなー

旧メンにはないジャンルが得意な人もいるからね。この人にしか見せれないとっておきを次々と見せてもらっている感覚。 

 

ライブならではなんだけど、照明の当たり方によっては、シルエットしか見えなくなるんだけど、ガンガン系の照明でシルエットだけってのは、すごくかっこいいと私は思うんだ。真の意味で体の動きのみで魅せる感じが好きってのと、動いたときにちらっと首とか顔が見えて、汗が光ってると魂削ってる感があって好き。

 

カーテンコール

シュガーソングとビターステップ

 公演終了と思いきや、再び舞台は明転し、あつきさんとドラゴンさんが登場。

俺はドラゴンさんが登場時に新メン一人一人にポンポンしとったのを見逃さなかったからな!!お父ちゃーん!!ってなった。

一緒にシュガビタを踊る。

笑顔が素敵。泣かせにきてますね、これ。

 

お疲れ様!

 

メンバー紹介

 えっと、この人たちはA-popの大会1位とフィンガーダンス世界大会出場者とA-popの大会の決勝常連です。

分かりやすく言えば、スゲー方々です。 

 

皆様何かしらのタイトルを持っているお方なので、新メンバーと言いながらも、超実力者。

 

各メンバーのライブ終了時点でのイメージを挙げていく(ダンス中のみ)

 

ゾマやかじゃないさん

演技派で、全身を使った感情表現が上手。

迫力のある表情を見せてくれるメンバーは他にもいるけど、背中で感情を伝えられるメンバーはゾマさんぐらいだと思ってる。

ドラゴンさんもそうなんだけど、振付を音いっぱいいっぱい使って丁寧に踊ってる感じが見ていてすごく伝わってくる。でも、間延びして見えないのは止め方も丁寧だから。

前の振りをぎりぎりまでタメて、その次でダイナミックなことをするので、バネ感と浮遊感がある。スーサイドで着地の重さを感じさせない。多分この辺は、ゾマさんの体格が小さめであるが故ってやつなんでしょうね。

 

 ネスさん

直線and直角で魅せる人。

静と動のメリハリで魅せるのですが、振りの流れの中でメリハリがあるのはもちろん、腕が動いているときは下半身は固定するみたいにして、メインの動きをしている体の部位に注目させてくれる。

あと、音ハメたっぷりの振り付けなので、体から音楽が流れている感じになる。

 

とぅーしさん

何でもできる人。曲線で魅せる人。

手を挙げるにしても、腰を動かすにしても、脚を蹴り上げるにしても、突き上げるような動かし方をするから、パワフルで迫力がある。これは、直線ではなく曲線で振り上げた方が動きの余韻が残るし、大きく見えるからいいなって思う。

あとは、振りがセクシーなんですよ。仁王立ちでも、首だけ傾げたり、へその向きと顔の向きをずらしたり、わざとなのかそういう振りなのか分かりませんが、真正面からちょっとずらして立ったり、止まる振りでもどこかに捻りや曲線があり、それがとても色っぽく見える。

 

まぁ、全員語れるくらいに好きですよ私は。

 

いつの間にか底なし沼ですよ。

 

それだけ、引き寄せてくるもんがあるってことですよ!!

 

ただのイケメンだったら私はこんなにハマりません。汗臭さや漢臭さ、狂気、その他醜い感情も表現できる彼らだからこそ、こんなにハマるし、見てる人を引き寄せてくるんじゃないかなと思っている。

 

笑顔をありがとう!元気をありがとう!

そして、中止にせず、配信という形でやると決めてくれてありがとう!

僕は幸せです!

 

 次は生で是非見たい!!

 

以上、限界オタでした。