理系だもの

コミュ障理系会社員兼バレエダンサーの日記。健康食品のガチすぎるレビューから、ニュースについての自分なりの意見を書いたりしています。ためになる記事も多分ある。理系だもの。好きなこと:バレエ・ダンス鑑賞・音楽を聴くこと(推しは奏音69さん)、嫌いなこと・人:フェミニスト・媚びること・ストレッチ

キムワイプはどんな味か、理系が本気で調べてみた

どうも、理系です。

 

今回の話題は、理系実験室の必需品キムワイプの噂である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本製紙クレシア キムワイプ S−200 62011 1パック(200枚)
価格:154円(税込、送料別) (2020/5/28時点)

楽天で購入

 

皆様は、「キムワイプがおいしいらしい」という噂を聞いたことがあるだろうか?

 

この噂について、キムワイプの成分を調べたら、結構納得いったため、紹介する。

 

キムワイプの味

キムワイプは紙であるため主成分はセルロースである。

ヒトはセルロースを消化できないため、セルロースがグルコースの結合体であったとしても、グルコースに分解できないため、グルコースの甘さを感じることはできない。

 

じゃあ、キムワイプは無味かと言われると、そうではない。

 

セルロース以外の成分で、人が味を感知できる成分が含まれている。

 

それは、グリセロールである。

 

グリセロールは、肌触り重視の保湿系のティッシュに多く含まれている成分である。

 

過去記事で述べているように、グリセロールそのものは糖ではないが、甘い味を感知するセンサーを反応させることができる。

 

www.rikeidamono.com

 

つまり、キムワイプは科学的に甘いので、おいしいのである。

 

で、ここで、理系の知的好奇心を無駄遣いをして、キムワイプの甘さを数値化した検討があるので紹介する。

 

この検討では、ガチの味覚センサーを用いて、水・キムワイプ・鼻セレブの甘さを比較している。

 

その結果

160219_甘味比較

鼻セレブの方が甘いやんけ!!

 

参考

「キムワイプおいしい」はネタなの?マジなの?味覚センサーで検証したよ! | 味博士の研究所

 

※キムワイプも鼻セレブも、本来の用途はティッシュである。

科学的にはおいしい成分が入っていたとしても、圧倒的大部分はヒトが消化できない無味のセルロースである。

食べることはおススメしない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

王子ネピア ネピア鼻セレブティシュ 3個パック
価格:733円(税込、送料別) (2020/5/28時点)

楽天で購入